アンソロジー歌集『31/84』発行のお知らせ

1984年生まれによるアンソロジー歌集『31/84』発行しました。
二玉号、星乃咲月、伊波真人、大木はち、古井久茂、さまよいくらげ、白井舞、飯田彩乃、黒崎立体の9名によるPDF歌集です。
以下のリンクより読むことができます。

アンソロジー歌集『31/84』
http://kazahana.main.jp/31_84.pdf


84年うまれは今年、31歳になります。
それは、短歌を作る人にとっては特別な数字です。



・『31/84』目次

「国道十七号線」二玉号
「画布をひろげて」星乃咲月
「一〇〇〇光年と一一三一五日」伊波真人
「ケータイ宇宙論。」大木はち
「うつろい」古井久茂
「30をこえて」さまよいくらげ
「はこの中」白井舞
「スプリング・オブ・ライフ」飯田彩乃
「冬に」黒崎立体


・参加者プロフィール(『31/84』より引用)

二玉号(1月19日生まれ)
無一物に憧れています。
Twitter:@nitamagou
blog:http://nitamagou-fireworks.blogspot.jp/

星乃咲月(1月25日生まれ)
北海道生まれの北海道育ち。北海帽子部所属。
短歌にずっと片思いをしています。
らっこ歌会とその出会いに感謝、はぐ。
Twitter:@kirarauta

伊波真人(2月4日生まれ)
群馬県高崎市生まれ、埼玉県さいたま市育ち。「冬の星図」により、第59回角川短歌賞受賞。
人生で大切なことはすべて深夜ラジオと深夜アニメから学んだ。子供の頃の夢は、魚博士。 

大木はち(4月21日生まれ)
愛媛県松山市で生まれる。うどん県高松在住男子。四国キャラバン歌会運営、塔短歌会所属。猫が好き。

古井久茂(6月24日生まれ)
個人サークルfulidom.comとして文学フリマなどで短歌の発表や企画をすると共に、
様々なジャンルの小説を書き続けている。
Twitter:@fulidom

さまよいくらげ(7月14日生まれ)
さまよいくらげ、時々篠田くらげです。
7月14日に生まれて以来、ずっとさまよっています。
時々短歌を詠んだり投稿したりします。
Twitter:@samayoikurage

白井舞(9月4日生まれ)
白井舞と申します。東京で暮らす会社員。ガルマン歌会とさまよえる歌人の会にお邪魔しています。幽霊ちゃんという名前で活動していることもあります。
Twitter:@shlyMe

飯田彩乃(12月6日生まれ)
横浜生まれ
未来短歌会黒瀬欄
Twitter:@iida_ayano

黒崎立体(12月6日生まれ)
Twitter:@kurosakirittai / @rittaipaper
web:http://kazahana.main.jp/



昨年、83年生まれの人たちによるアンソロジー『31』が発行されました。
http://p.booklog.jp/book/84261
『31/84』の制作は、そこから始まった企画です。

いちどにたくさんの人の原稿をあずかるのも初めてのことで、たくさん迷惑をかけてしまいました。
参加してくれた8名のみなさんには本当に感謝しています。
『31/84』多くの人にお読みいただければ幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


黒崎立体